【安田美絵】H.30/11/29「朝鮮総連による人権侵害『総括』」(字幕/英語)

【安田美絵】H.30/11/29「朝鮮総連による人権侵害『総括』」(字幕/英語) Public

反グロちゃんねる

2 weeks
15 Views
Want to watch this again later?
Sign in to add this video to a playlist. Login
Share 0 0

Share Video:

Category:
Description:
2018.11.29反グロ街宣スピーチ

朝鮮総連による人権侵害「総括」
Violation of human rights called “summarization” by General Association of Korean Residents(GAKR)

今日は朝鮮総連による人権侵害について話をしたいと思います。
Today I would like to talk about violations of human rights by General Association of (North) Korean Residents.

朝鮮総連の中に、学習組という組織があるということを以前にもお話ししました。
I mentioned earlier that there is an organization called Learning Group in General Association of Korean Residents(GAKR)


この学習組は、秘密の組織なんですが、
This learning group is a secret organization,

朝鮮労働党の日本支部であり、日本を赤化する=共産主義化するための政治工作機関です。
it is the Japan branch of the Workers' Party of North Korea and it is a political maneuvering organization to make Japan communist country..

学習組の組員は、朝鮮総連の傘下にある研修所で、何度も合宿形式の研修を受けます。
The members of the learning group participate many training camp classes at institutes of GAKR.

まず初心者は各地方の研修所での1か月の合宿、
A beginner has a monthly training camp at each regional training institute

ある程度、間を空けて、次は3か月の合宿。
A certain time later, next step is three month camp.

そして仕上げは、東京にある朝鮮総連中央学院での6か月にも及ぶ長期の合宿です。
And finishing is a long-term training camp which lasts six months at Central Institute of GAKR in Tokyo.

これらの合宿では金日成主席がいかに偉大で慈悲深いお方であられるかとか、
In these training camps they leran, how great and benevolent Kim Il sung is,

あるいはかつて金日成将軍がいかに勇猛果敢に日本軍と戦ったか、
Or how bravely the general Kim Il Sung fought against the Japanese army.

などということを学ぶわけですが、読まされる本は9割以上が創作です。
But over 90% of the books to be read are the creation.

たとえば、飛んできた弾を勇猛果敢な朝鮮兵士が腹でどすんと受け止めた、
For example, a brave Korean soldier prevent cannonball bursting by catching it firmly with his belly

など荒唐無稽な作り話のオンパレードだそうです。
In the books they read there are plenty of such absurd fable stories.

こうした学習と同時に必ずやらされるのが、「自己批判と相互批判」というものです。
“Self-criticism and mutual-criticism” are always done at the same time as learning.

たとえば教官が、ある何人かのグループに対して
For example, an instructor orders members of a group


「諸君のこの1か月の生活は、総連活動家として本当にふさわしいものであったかどうか。それぞれ自己批判せよ」と命じます。
“Whether your life in this month was really suitable as an activist of GAKR. Self-criticize each”

そうすると、たとえば「自分は金日成将軍の『パルチザン回想記』を100回読むように、と教官に言われんですけれども、
Then, for example, a young man tell his remorse "Although I was told by the instructor to read Kim Il Sung's "Partisan memories” for 100 times,.”

まだ一度も最後まで読み通せていません」などと反省の念を述べるわけです。
"I still have not finished to read it through to the end " .

そうすると今度は教官に「なんで一度もまだ読めていないのか、理由を述べよ」と言われる。
Then this time the instructor told him "Why have not you read it yet? State the reason"

そこでしかたなく理由をつくって言う。
So he thinks the reason and tell it to the instructor.

すると、今度は「言い訳をするな!」などと怒鳴られる。
Then, the instructor yells at him "Do not excuse!"

そんなふうにして順繰りに皆が自己批判をさせられるそうです。
Everyone must criticize himself in such a way in turn.

そして誰かが自己批判をすると、それに対して他者はそれ以上に容赦ない呵責な批判を加える、
And when someone criticizes themselves, others add punitive criticism more than that.

というのが決まりになっているそうで、これを相互批判(と呼びます)、
This is called “mutual-criticism”.


自己批判と相互批判をあわせて「総括」と呼ぶそうです。
They call self-criticism and mutual criticism together as" summarization"

総括は、たとえばこんな具合に進みます。
Summarization will proceed like this


「誠にもうしわけありませんが、今の今まで隠しておりましたが、実は自分の兄は民団におります」(民団は北朝鮮でなく韓国の組織)
I am so sorry, I have hidden until now that in fact my brother belongs to (South) Korean Residents Union in Japan "

というふうにある青年がいうと、そこに居るみんなが一斉にその青年のことを睨みつけます。
As a young man says like that, everyone there will glare at the young man all together

「自分の兄弟もオルグできなくて、何が革命家か」
“You cannot even make your brother join our organization, are you really revolutionist?”

「恥を知れ」
“Shame on you!”

「金日成将軍に謝れ」
“Apologize to General Kim Il Sung!”

とみんなで責め立てて、ついにはその青年が泣き出すまで続けます。
Everyone blame him like that, until the young man begin to cry at last

次に別の人が
「自分は、高校時代、近所の養豚場の豚を盗んで売り飛ばしたことがあります」と反省の念を述べると
Next time other young man confess
“In high school days, I have stolen a pig from hog farm near my house and sold it off.

教官が「パルチザン時代、金日成将軍はどんなに苦しくても盗みをすることだけは許さなかった」
The instructor says "During the Partizan era, General Kim Il Sung never allow stealing, no matter how poor they are.”

「それなのに、お前はこの平和な日本で、なんというざまだ」
“You are in this peaceful Japan, yet you act disgraceful behavior like this!”

「恥を知れ!」
Others yell “Shem on you!”

「金日成将軍に謝れ!」
“Apologize to General Kim Il Sung!”

というふうにまたみんなで、その青年が泣き出すまで責め続けます。
Everyone blame him like that again, until the young man cry at last

今度は別の青年が
「わたしは合宿中、銭湯の帰り道に、禁じられている酒を飲みました」と反省の念を述べると
Next, other young man tell his reflection
“During the training camp, I drank alcohol which is forbidden on my way to camp from the public bath”

「そのくらいの自制心もなくて、何が革命家だ!」
“You even don’t have self-control like that, Are you really revolutionist?

「そんなことで栄誉ある朝鮮労働党の党員が務まるのか」
“You behave like that, still can you really fulfill a obligation as a member of the prestigious North Korean Workers' party?”

「恥を知れ!」
“Shem on you!”

「金日成将軍に謝れ!」
“Apologize to General Kim Il Sung!”

というふうにしてまた、泣き出すまで責め続けるのだそうです。
Everyone blame him like that, until the young man cry at last

それを毎日毎日続けるのですから、それこそ地獄のような日々で苦しくて苦しくてたまらないのだけれども、
As they keep doing it everyday, it is so painful days like hell.

なぜかそれをやると最後には皆の連帯感が強まるのだ、と証言する元学習組の組員もいます。
But there is a member of the former learning group testify that somehow it will strengthen the feeling of solidarity at the end.


けれども、この総括が嫌で嫌でたまらなくて、ついに途中で帰ってしまったという元学習組の方もいます。
However, there are also former member who are disgusted and disliked this summarization, finally drop out.

このままいると、自分の自我が完全に破壊される、と思ったそうです。
He thought that if he would remain, his self would be completely destroyed


学院を中途退学することは本来許されることではなく、
Normally, it is not permissible to drop out of the institute,


どんな暴力的な手段に訴えてでも自分は帰るんだ、というふうに言い張って帰ってきたのですが、
He insisted on going home even if he resort to violent means, and succeeded to go home.


そのせいで、その人は完全に出世の道を閉ざされてしまいました。
That shut the way of his career advancement

その人、張龍雲氏の証言によれば、
According to the testimony of that person (Mr.Chang Yongyun)

この総括のせいで発狂してしまって、精神病院に入院する人もいるし、中には自殺してしまう人もいる、ということです。
Due to this summarization, some people go insane and be hospitalized in mental hospitals, and some people commit suicide.

これを人権侵害といわずして何と言うのでしょうか。
if it is not human rights violation, what is it?

わたしはもちろん総括の経験はありませんが、自分のすべてを否定されるという似たような経験をしたことがあります。
I have no experience of such summarization, but I have similar experience in which everything of me was negated.

それはかつて零細企業に勤めていたときのパワハラです。
It was the power harassment when I worked at a micro enterprise

その零細企業の社長は資金繰りに困ると社員に八つ当たりをするという癖がある人で、
The president of the micro enterprise takes out on employees when he is in trouble with financing

わたしは自分のすべてを否定され続けるという経験をしたんですが、
He kept negated all of me for weeks

それが何日も続くと、最後は完全に思考停止状態に陥ります。
It made my brain got freeze at last.

コンピューターが固まったように頭が固まってしまって動かない状態になるんです。
My brain got freeze like a computer got freeze.


ボーっとしてしまって、人が話しかけてきても、まともに反応、受け答えもできないし、
I got absentminded and even if people talk to me, I could not respond or answer properly..

道を歩いていれば、車にひかれそうになるし、
If I walk on the road, I will be nearly run over by a car

電車に乗れば乗り過ごしてしまっていつまで経っても目的地に着けない、
If I get on a train I will miss my stop and I will not be able to reach my destination even after a long time

あるいはいつまでたっても自分のうちに帰れない、
Or I cannot reach my home even after a long time.

そんな異常な精神状態になったことがあります。
I have experienced such an abnormal mental state

これと総括というのは同じような状態だと思うんですね。
I think the “summarization” is similar condition.

この合宿の中では、学習組の総括と同時に、金日成主席がいかにすばらしいお方であられるかというようなことを平行して学ぶわけで、
In this training camp, at the same time as summarization of the learning group, they learn how great person Kim IlSung is in parallel.

完全に思考停止状態に陥った中でそういう本を読まされると、本当に盲目的にそれを信じてしまう。
As they read such books in thinking stop state, they will accept them blindly.

どんなに荒唐無稽な作り話でも、それを信じてしまう、
No matter how absurd those fable stories are, they believe them.

そういう精神状態にするための、つまり、洗脳のために、マインドコントロールのために、この「総括」は利用されている、とわたしは見ています。
I think this "summarization" is used for making such a mental state, that is, for brainwashing and for mind control.

『朝鮮総連工作員』という本の著者、張龍雲氏も、
Mr. Chang Yongyung, author of the book " General Association of Korean Residents Operator", also wrote in his book

「この『思想総括』は、マインドコントロールの最たるものであり、民主主義とは到底相いれない、むしろ武器よりも恐ろしいものであると思っている」と著書の中で書いています。
“This "ideological summarization" is the very mind control, I think it is not compatible with democracy, it is more frightening than weapons.”

パワハラやセクハラは人道的に許されないものだ、ということは今や世界の常識になっています。
Power harassment and sexual harassment are humanely unacceptable. This is now becoming common sense of the world

この「総括」も同じです。
This "summarization" is also the same.

これは人権侵害以外の何物でもありません。
This is nothing but a human rights violation

このようなひどい人権侵害にさらされる、学習組の組員の方々は本当にお気の毒です。
The members of the learning group who are subjected to such terrible human rights violations are really pathetic.

朝鮮総連がある限り、学習組も存在し続け、このひどい人権侵害がずっと続くのでしょう。
As long as there is GAKR(General Association of Korean Residents), the learning group will continue to exist and this terrible human rights violation will continue,

このようなひどい人権侵害から、在日朝鮮人の方々を解放してさしあげるためにも、朝鮮総連はなくなったほうがいいのです。
In order to liberate North Korean residents in Japan from such terrible human rights violations, it is better to dismantle GAKR.

ここに妨害に来ている方々の多くは、人権を守りたいと思っていらっしゃる方も多いと思います。
I think many people who come to interfere here want to protect human rights.

ぜひわたしたちと一緒に、朝鮮総連を解体することで、在日朝鮮人の方々の人権を守ろうではありませんか。
Let's protect the human rights of Koreans in Japan by dismantling the General Association of Korean Residents together with us

よろしくご検討ください。お願いします。
Please consider it.

ありがとうございました。
Thank you.

コメント:

投稿